スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いて、歩いて、どこにでも自転車

 東京に限らずどこでもそうなのかもしれないけど、街を歩いているとあらゆるところにあるのが自転車。もう誰しも歩けば自転車に当たるってなもんで。歩道のあちこちに、建物の入り口の脇に。

 僕は最近東京のどこかに行ってぶらぶらと写真を撮って歩くのが趣味みたいなものになっていて、なーんのアイデアもない時はとりあえず自転車を撮ってみることが多いです。だって本当にどこにでもあるんだもん。それにあの無駄のないデザインも嫌いじゃない。カラフルなのも多いし。

 だもんで今回はこれまで撮ってきた自転車写真から何枚か選んでみました。


P9172602
壁際自転車はやっぱり基本。絵になる。
細い扉や配管も高ポイント。

PC080082
アテネ・フランセの壁際自転車。雑誌の表紙みたい。

DSC00750
こういう"たまり"(?)っぽいスペースにあるのもイイっす。
自動車のタイヤ4本良い感じ。そしてここでも配管!

P2090109
この2台の重なり方や色の組み合わせ!

P9290058
自転車チラ。

P4285677
空き地で遊ぶ野良自転車たち。

PA130295
自転車の集団に看板。自転車デモ隊イメージ。


 ざっくりと選んだ自転車写真を載せてみましたー。たぶんこれからも街を歩けば自転車の写真が増えていくんだろうなあ。ついつい撮ってしまう、気になるアイツ。それが自転車。
 
スポンサーサイト

淋しい女は今日もほくそ笑む

ジャズ来るべきもの 「来るべき」って書いちゃうと「くるべき」なのか「きたるべき」なのか迷うじゃんね。そんなことを考えてしまうのです。

 オーネット・コールマンの『ジャズ来るべきもの』。

 どうでもいい話だけど、僕のiPhoneでは「ジャ」と入力すると変換候補の筆頭に「ジャスコ」を提示してくる。Twitterとかでこのアルバムについてツイートしようとした時に、これまで2回ほど「ジャスコ、来るべきもの」と誤入力しました。行かねーし、ジャスコ。(※そんなことはありません行く時は行きます)

 「Lonely Woman」といえばこのアルバムの1曲目で、おそらくフリー・ジャズでは最も有名な曲ってことになると思うんだけど、やっぱりこれ、すげー名曲ですよ。奇妙でミステリアスなメロディ。変なのに聴けば聴くほどクセになる。琴線に触れる。いつの間にか抒情性感じてる。なんだこのテーマ。よく思いついたと思う。オーネットさんまじスゴイっすよ。あんまり好きなので仕事の帰り道にハミングしちゃったりしてます。

 それにしてもジャズ来るべきもの、面白いです、このアルバム。発表された当時は衝撃的だったんだろうなあ。真面目にジャズ研究してた人は怒ったろうなあw でも爽快だったろうなあ。いろいろ考えちゃう。コード?コード進行ってなに?みたいなソロ。拍子を数えるのもバカバカしくなるようなリズム。本当、なに考えてるんだろw とか言いつつも意外に聴けちゃうんだよね。まあ今ではもっと実験的な音に触れる機会も多いしってのもあるけど、バンドに不思議な一体感があるのも魅力。オーネット・コールマンのサックスって実はけっこう聴かせる音だし。

 あとやっぱり新しいアイデアやスタイルを実践する時だけが持つ、閃きや瑞々しさみたいなものがきっとあるんだろうな。ビバップの奇形っぽい曲(?)もあったりするけど、ビバップ勃興期の革新性に似たものを彼らも確信して演奏していたんじゃないかと思うのです。あ、革新と確信でダジャレになっちゃった。

 そしても今日もどこかで「Lonely Woman」を口ずさむ。そんな人がいたらそれは僕ですよ。たぶんね。

浅草あたり

 休日に仕事に行かなくちゃいけない日は、その前に写真を撮りに行ったりしてますよ。平日に比べて仕事場に入れる時間がゆっくりだっていうのもあるし、そのくらいのストレス解消でもしないとやってられないってこともあるしさw

 この前の土曜日は浅草に行ってきました。

 まずお目当ては浅草文化観光センター。雷門の向かいにこんな建物があるなんて面白い、見たいって思ってたのです。浅草に行く機会は最近何度かあったんだけど、雷門周辺には近づかなかったからなあ。ようやく初対面ってところ。

P2090133
逆光。目当ての建物はいつも逆光


 形の違う各階層が積みあがっているようなイメージが楽しい建物♪最上階がテラスになっていて、雷門~仲見世~本堂と浅草寺全体を見渡すこともできます。早い時間だったこともあって、テラスは僕以外に誰もいなかったっす。


 あと浅草といったら神谷バーね。以前一度だけ入ったこともある。電気ブランは悪くなかったよ。コロッケかメンチカツか忘れたけど、おいしかった思い出もある。

P2090151
建物は1921年の竣工だって。大正10年だって

P2090179
神谷バーの裏手でよからぬ相談をする2人(妄想です)


 ざっと1時間ほどぶらっとして、この地下鉄入口を利用して仕事場に向かいました。この入口も有名建築。1929年だから、神谷バーの8年ほど後かな。神谷バーに比べると一見モダンじゃないけど、なんかアールデコ調?の装飾があったりする油断できなさです。

P2090194
人が続々と出入りしてたー


 しかし今回、浅草文化観光センター以外は街角スナップ的な写真を撮りたいと思って行ったんだけど、結局建物に萌えてしまったなあ。スナップ力が低下しています。

最初に

 噂によると2013年はブログがまたブームになるとかならないとか。

 そんな話の影響もあるとかないとかで、ここにこうして始めてみました。

 どんなことを書こうかなあってのはまだ考えがまとまっていないんだけど、たぶん音楽のこととか自分で撮った写真とか。そういうことを。まあ普通です、普通。普通のブログを普通にやる普通の人間ですよ、僕なんてね。普通の人間なんでゆったりといきたいっす。

 サイドバーとかもそのうち充実していくかなー。なんとなく思い立ってとりあえず始めちゃったって感じ。
last.fm
Flickr
www.flickr.com

nobie75cc's items Go to nobie75cc's photostream
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。