スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のはじめてアルバム <洋楽編>

 「◯◯で最初に聴くならどのアルバムがいいっすかねー」なんてたまに聞かれると思います。や、聞かれなくても自分の好きな音楽に興味がありそうな人がいればオススメしたい最初の一枚。しかし迷う。思い入れがあればあるほど迷う。もし気に入られなかったら!もう聴いてくれないに違いない…。でもとっつきやすいのは裏腹に本質がわかってもらえないかもしれない。ななな悩ましいー。なんて悶々としたことは数知れずかと思います。

 そんな悩みは解決できないにしても、そういや自分はどれから聴いたっけなあーということを考えたのでー、いくつか書いておきます。


pastmasters.png 有名どころいきましょう。ビートルズ。イギリスの4人組ですね。高校1年の時に学校の行事でどこかへ行く時に、バスで隣だった同級生がウォークマンで聴いていたのをちょっと拝借して聴かせてもらったのが「抱きしめたい」だったのは強烈に覚えています。僕にとっては鮮烈だったのですよ。で、それが『PAST MASTERS』というものだって教えてもらって、その彼に借りたかレンタルで借りてきたか。とにかくそれが最初の1枚。でもそれが1だったか2だったか、2枚組になってたやつか、そこが思い出せない!「ユー・ノウ・マイ・ネーム」をいたく気に入った記憶があるので、2はその頃に聴いているはずなんだけどー。


hotrocks.png ストーンズの最初の1枚ははっきり覚えてるなー。1995年6月。ストーン・ローゼズの来日公演で武道館に行ったら中止になってて「えー」となって、飲みに行って、その後に買ったのです。そこでストーンつながりを意識していたかはわからないけど、なんか勢いで買ったなあ。当時僕はCD店で働いていて、もう閉店していた暗い店内に入ったらピンク・フロイド『P.U.L.S.E』の発光ダイオードが点滅していたのまで覚えてる。関係ないけど。で、そうそう、何を買ったかと言えば『ホット・ロックス 1』。これは1!確実に1。ヴァネッサ・パラディが歌ってて好きだった「AS TEARS GO BY」も入ってたし。特に気に入ったのは「黒くぬれ」かな。いいじゃんストーンズ!ってなったので2もすぐ購入しました。ストーンズはオリジナル・アルバムよりも、ベスト盤から入るのが個人的に正解だったと思う。


petsounds.png 意外と記憶があいまいなのがビーチ・ボーイズ。『ペット・サウンズ』だってことはわかっているんだけど、いつ頃だったかなあ。そこがわからない。『ペット・サウンズ』は有名なアルバムだっていうのもあるけど、高島政宏+桜井鉄太郎のR.P.O.が「神のみぞ知る」をカヴァーしてたから購入しようとなったのかもしれないです。で、よく聴きましたよー。「素敵じゃないか」の出だしから完璧でしたね。ほんと好き。でも、ここからビーチ・ボーイズの他のアルバムも聴いてみようと当時はならなかったのです。『ペット・サウンズ』は彼らの中でも特別なアルバム?とかいう妙な知識がついていたのかもしれない。何かの本で読んで良さそうだと思っていた『サーフズ・アップ』も、その頃はまだCDで手に入り難かったし。しばらく経って『終わりなき夏』を聴いてからですね、ビーチ・ボーイズにドドドッとハマりだすのは。結局さー、ベスト盤がいいんでしょ?って気もしてきた。ははは。

 これを読んで参考になるかどうかはわからないけど、僕の場合はこんな感じです。つづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

last.fm
Flickr
www.flickr.com

nobie75cc's items Go to nobie75cc's photostream
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。